消滅

日本地方・ローカル

【三江線粕淵駅・浜原駅】車庫を持たない100kmのローカル路線で車庫の役割を担う無人駅

行き違いができる無人駅に、そこには50㎞という指標が建てられています。ここは約100㎞のローカル線の中間地点、10時間越しに県境を越える列車を待ち続ける。 100kmを超える長大ローカル線である三江線。しかし三江線は独自の鉄道...
日本地方・ローカル

【三江線長谷駅】誰も乗らない登下校時間しか列車が停車しなかった駅

今乗車している列車は、1日5往復の普通列車しか通らないローカル線。しかし普通列車でもただ1駅だけ通過する駅がありました。子供たちのために作られた、朝と夕方しか列車が止まらない駅・・・。 三江線は100kmを超える路線でありなが...
日本都市・近郊

【成田空港シャトルシステム】空港内の廃線跡散策、飛行機と共に離陸した新交通システム

「空を見ろ!鳥だ!飛行機だ!いや、スーパーマン?・・・いや、空気浮上する新交通システムだ!」 正式名称「成田国際空港第2旅客ターミナルビル旅客輸送システム」、成田国際空港第2旅客ターミナルビル本館とサテライト間を結ぶ日本で唯一...
日本地方・ローカル

【JR熊本駅】0番ホームが3つ存在していた駅

鉄道のホームは1番から始まるとは限りません。駅が開業して1・2・3番線、ところが新線が1番の手前にできるときに0は現れる。でも0番でも足りない事態が発生、さあどうしよう・・・ JR熊本駅は、豊肥本線の列車を発着させるための0番ホームが...
日本地方・ローカル

【東武鉄道快速・区間快速】3つの鉄道会社を200km近く走る快速電車

特急券なしでの快速列車、旅情を楽しむ人の強い味方。別れあり、出会いあり、3社協力、約200km4時間に及ぶ感動のスペクタクル、その名は・・・東武快速電車!! 東京から日光・鬼怒川・南会津を結ぶ東武鉄道本線には、「快速」という長い距離に...
日本都市・近郊

【東武鉄道浅草駅】観光地へ向かう不揃いな列車たち

浅草から日光・鬼怒川へ・・・東武鉄道の有名なフレーズです。実はほかにも「赤城」「太田」「伊勢崎」「宇都宮」、果ては「会津高原」・・・その長大路線の出発点である浅草駅では、様々な列車が行き交います。 2017年に東武鉄道は観光列...
日本地方・ローカル

【JR常磐線相馬駅~亘理駅】復興が進む街をひた走る代行バス

たとえ津波によって町が消えてしまったとしても、鉄道が再び代行バスによって人の流れをつなぎます。それは再び町がうまれて鉄道が走り始めるその日まで・・・。 2011年の東日本大震災とその津波によって、常磐線は被災しました。その悲劇...
日本地方・ローカル

【JR常磐線原ノ町駅~相馬駅】東日本大震災によって孤立した飛び地路線

東日本大震災によって、常磐線の南側は原発事故、北側は津波による線路流出でばらばらになりました。そんな中、わずか4駅であっても孤高に運航を続けた区間列車がありました。再び1つの常磐線として走るその日まで・・・。 今回紹介するのが...
日本地方・ローカル

【JR常磐線竜田駅】原発事故で終点となった駅

常磐の国と福島浜通りを縦断する常磐線、東北本線と並ぶ北へ向かうルートでした。しかし2011年3月11日の大地震と津波、そして翌日の原発事故・・・いわきからあおばへ向かうルートは閉ざされ、避難区域手前で列車は止まりました。 JR...
スポンサーリンク

Copyrighted Image

タイトルとURLをコピーしました